鳴子温泉、鬼首地区より公民館行事や地域情報、また、鬼首の大自然をお届けします!


2日目は3つに分かれて山に入ってネイチャーゲーム。自然の音を
聞いたり、きこりの親方というゲームを行いました。これは
1本の木の情報を弟子たちが親方に教え、親方がその木を当てるというゲームで
楽しかったです。何かの機会に、またやって見たいと思いました。

20151021666

そして恒例の作文のじか~ん。子ども達だけでなく
リーダーも書かされる、お手伝いいただいて、作文まで・・

DSC_0750.jpg

帰りは新庄駅までバス移動、そしてちょっとだけお買い物をして、
鳴子温泉駅で乗り換えして帰ってきました。
鳴子公民館ではお母さん達が待っていてくれて、
大きな声で「ただいま!」の挨拶。
今回で3年目になりますが、古川工業高校のスキー部の皆さんに
お手伝いいただきました。3年生は今回で最後、
ちょっと寂しいですが仕方がないですね。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした!


【2016/07/29 11:11】 | ミステリー列車
トラックバック(0) |
DSC_0413.jpg


23日、24日と鳴子子ども会育成会主催の、ミステリー列車が
ありました。参加児童は鳴子温泉地域の小学生46名、
今年はちょっと多いですね。これにスタッフが総勢21名で
行ってきました。
鳴子公民館を出発し、御殿湯駅から出発。もちろん、子ども達は
行先を知りません。今回は陸羽東線で新庄駅へ向かい、乗り換え。そして
羽後本線で余目へ。ここからはバスで移動し到着したのは鶴岡市の
金峰少年自然の家です。

DSC_0466.jpg

始めに行なったには木工教室、木でのキーホルダー作り、好きな材料を
選んで、グルーガンでくっつけて、1人1個ずつ作りました。
その後はちょっと体育館で遊んで夕食、そしてナイトウォーキングへ。
なかなか暗くならず、ちょっと明るかったのですが、みんなで
散策。

DSC_0614.jpg

帰って来てからはボンファイヤー。この日でマシュマロを焼いて
食べました。美味しかったそうです。というのも子ども達に
全部食べられてしまいました~。
駆け足ですが初日はこんな感じでした!



【2016/07/28 14:11】 | ミステリー列車
トラックバック(0) |


2日目の朝は部屋などの掃除、ラジオ体操をして朝食。
3食こちらでいただきましたが、
とにかく美味しかった。品数も多く、残す子ども達も多かったです。

DSC_4539.jpg

DSC_4567.jpg

そして創作活動は、ランタン作りとオリジナルスプーン作り。
上の写真は、コーヒーの空き缶に穴をあけていきます。結構な数を
開けないと模様にならないので、意外と大変。
スプーンは柄の部分を小刀で削っていきます。柄の部分の木の材質は
いろいろあって、自分で好みで選びます。小刀は初めて使う子もいるので、
慎重に指導したのですが、犠牲者が1人・・大したことがなっかったので、
良かったですけど。

DSC_4555.jpg

CIMG5280.jpg

ランタンはとスプーンはこんな感じになりました。

DSC_4605.jpg

最後のプログラムは、子ども達には苦痛の
作文のじか~ん。楽しいばかりではございません。ちゃんと
こういう時間もあるのです。本当は子ども達だけなのですが、
悪い大人がいまして、「初めてさんかした大人も書くんだよと」と
だまされた、うちの新人も書かされていました。それを黙って見ていた私、
よろしいんでしょうか?






【2015/07/23 16:00】 | ミステリー列車
トラックバック(0) |


19日、20日と鳴子子ども会育成会主催の
ミステリー列車が行われました。今回の参加人数は、鳴子温泉地域の
小学生50名、そしてスタッフが約20名、
列車での大移動です。もちろん、子ども達はどこにいくかは
わかりません。ただスタッフに「乗れ~」、「降りろ~」の繰り返し。
最後はバスでの移動で、今回は志津川自然の家。こちらに一泊です。

DSC_4368.jpg

始めに行ったのが海の活動、小学2~3年生はこの船で洋上クルージング。

CIMG5176.jpg

ウミネコが群がってますが、原因はかっぱえびせん・・結構、ガンガンと
来るそうで、爆弾もかなり投下していったそうで、
そしてホヤの養殖場でみんなでホヤの試食、美味しかったでしょうね。

DSC_4400.jpg

4~6年生はこれです、シーカヤック。山の子ども達なので
みんな初めての体験です。乗り方、こぎ方の講習を受けて、1人ずつ
スタート。始めは全然前に進まないのですが、慣れてくると見事に沖の方に
消えて行きました。一人で怖がる子もいましたが、タンデムでの
スタート。ぜったいこっちの方が難しいと思うんですけどね~。
戻って来てから、ライフジャケットを着たまま、海へみんなドボン・・
ミステリー列車で洗濯をしたのはたぶん、
初めてだと思います。しかし、みんな、良い経験をしたと
思います。



【2015/07/22 14:14】 | ミステリー列車
トラックバック(0) |


鳴子子ども会育成会で行っているミステリー列車に、
19、20日と2名の職員が行ってきました。参加したのは鳴子、鬼首、川渡小学校の
子どもが全部で31名、そしてスタッフが18名、この中には古川工業高校の
スキー部、5名が含まれています。工業スキー部に、全面協力していただきました。
子ども達はどこに行くかしらないまま、鳴子御殿湯駅から乗車、
乗り換えるたびに写真のように点呼、この確認作業はずっと続きます。

DSC_7852.jpg

そして初めに向かったのが平泉、毛越寺。ここでは班ごとに
自由行動。各班にはトランシーバーを渡して、あとはお好きなように・・
そして本日の宿泊先は、金ヶ崎にある岩手県立南青少年の家へ。こちらでは火おこし体験や
夜にはキャンドルサービスなどなど。

DSC_8052.jpg

二日目のメインは森のキーホルダー作り。森にすんでいる動物を
題材に作りました。中には素晴らしい作品も、子どもの発想は凄いです。
昼食を食べて作文を書いて、そしてまたまた列車で大移動、
鳴子御殿湯駅に到着したのは17:50。スタッフが多いように見えますが、
これぐらいいないと大変なんです。2名は鳴子と鬼首の公民館車で、
荷物運び。二日目の朝、熱を出した子がいて、そのまま鳴子へ
連れてきたりと、なにかかにかは起こるんです。
かなり疲れましたけど、楽しかったです。しかし子ども達、みんなめんこい!


【2014/07/22 11:08】 | ミステリー列車
トラックバック(0) |