鳴子温泉、鬼首地区より公民館行事や地域情報、また、鬼首の大自然をお届けします!
don.jpg

鬼首のどんと祭は毎年、1月16日に行われます。場所は
田野センターの前です。今年で26回目、田野地区の方々が行っています。
バックホウで雪の祭壇を作って、ここで神事が
行われます。今年は雪が少なかったので、雪を集めて
ご覧の通り立派な祭壇が出来上がりました。神事の後には
もちのお振舞いもあります。他とはちょっと違う感じの
どんと祭だと思います。

【2019/01/17 13:19】 | どんと祭
トラックバック(0) |


毎年9月9,10日は荒雄川神社祭典、今年はちょっと雨に
降られてしまいました。9日11時より例祭、ここでは奉納鬼首神楽、
厳かに行われます。神楽は神社にあるステージで午後も
披露されます。朝からは山車が鬼首地内をまわり、踊りを披露、こちらは
1日がかり。そして4時からは原地区より神社までの神輿渡御、
7時に神社について、そこからは演芸の夕べが開始。
小学生の心鼓太鼓から始まり、各地区のだしものが
続きます。このために数か月前から練習していて、熱の入り方がすごい!
結構な雨が降っていたのですが、お客さんは集まり、そしておひねりが
飛び交っていました。2日目の夜も、演芸の夕べが行われました。

【2018/09/11 11:04】 | 荒雄川神社例祭
トラックバック(0) |


14日の夜は、鬼首の里盆踊りが行われました。もう何十年行っているか、
わからないくらい、長く続いています。鬼首山学校の校庭にやぐらを組み、
お囃子の太鼓は心鼓会、もちろん音楽も流れます。
始まる前にはすんご~いお偉いさんが来て挨拶もあったりと、
まあ、びっくりです。

DSC_0958.jpg

そして出店は地元の方々、やきそば、やきとり、そして子供たち用には、
スーパーボールすくい、水ヨーヨー、射的など、子どもたちは
楽しみにしていたと思います。利益を求めてないので、単価も安い!
お盆ということもあり、帰省していた子どもたちもたくさん、
楽しい夜となりました。

【2018/08/16 15:56】 | 鬼首の里盆踊り
トラックバック(0) |


鳴子ダムの恒例行事、すだれ放流が始まりました。そして小学生が描いたこいのぼりも、
泳いでます。
近くで見ると迫力があります。きれいです。お客さんも次々に
いらっしゃってました。
IMG_0268.jpg

今日はオープニングセレモニー、この中でシンガーソングライターの
高橋佳生さんのミニライブもありました。
佳生さんは鬼首、鳴子の曲も作ってくれています。鬼首小学校の
子どもたちが歌っている”かむろのわらべ唄”も
歌ってくれました。写真はダムカードのフレーム越しの
佳生さんです。
やまが旬の市さん、今野園芸さんの販売ブースもありますよ。
5日までです。

【2018/05/02 14:42】 | すだれ放流と鯉のぼりの滝のぼり
トラックバック(0) |


鬼首原地区の恒例行事(!?)の野火つけが
昨日行われました。原地区の共同山を焼きます。これは雑木などが
生えないようにするために行います。面積が広いので、
総勢60名ほどでの作業、ほかの土地に
燃え広がらないようにするにはこれぐらいの
人数が必要なんです。この写真だと中央付近に炎が
見えます。私の到着がちょっと遅れたので、
炎はだいぶ小さくなってますが、初めはかなり大きな炎
だったらしいです。火事にならないように、
難しい作業だと思います。

【2018/05/01 11:33】 | 野火つけ
トラックバック(0) |