鳴子温泉、鬼首地区より公民館行事や地域情報、また、鬼首の大自然をお届けします!
リフレッシュセンター脇の急斜面です。
公民館職員と北部地方振興事務所の職員の方が
作業をしました。何のためかというと、3月の山の子探検隊の
仕込みです。さあ、何の仕込みでしょうかねぇ、
ちなみにこの木はカエデ、
答えは3月、です。



【2013/01/29 11:44】 | 山の子探検隊
トラックバック(0) |
昨日は13回目の山の子探検隊
でした。活動内容は「かまくらとカレー作り」、
の予定でしたが土日のあまりの大雪で、かまくら作りは
断念、雪が少なくて断念はありえますが、多すぎて
というのは・・・
予定していた場所には金曜日に道を作って
あったのですが、なにせそこに行くまでの積雪が
とんでもない量に・・・
気を取り直してまずはカレー作り、鬼首の子供達は
料理が好きなのか、はたまた家でお手伝いしているのか、
楽しそうに作っていました。公民館応援隊の2名の方にご指導していただき、
参加者17名を3つの班に分けて、3つの味のカレーを作りました。



かまくらが作れなかったので、リフレッシュセンターに移動して
急遽、スナッグゴルフの練習を行いました。
6年生の号令のもと全員で練習、
きちんと統率がとれてすばらしいです。

27.jpg

お昼は待ちに待ったカレーをいただきました。
3つの味のカレーを全種類食べる子、自分の作ったカレーを食べる子、
いろいろですが、私は2種類いただきましたが、
美味しかったですよ。
下の写真、普通サイズの皿が左側、右が特大サイズ、
これで3杯食べる子もいました。
その後もまだ食べてたんですよねぇ。

28.jpg



【2013/01/28 15:26】 | 山の子探検隊
トラックバック(0) |
今日は13回目の豊齢学級でした。で、鬼首保育所の
発表会を見学してきました。
現在の園児数は6名、歌とお遊戯、
全部で6演目を元気に歌って演じてくれました。豊齢学級の
参加者15名に保護者、園児のおじいさん、おばあさんが
沢山いる中で緊張したと思います。
豊齢学級のメンバーから見れば、孫、もしかしてひ孫に
なるのかもしれませんが、やっぱり子供達を見ると
みんな笑顔になりますね。最後に豊齢学級から
子供達へお菓子のプレゼント、
みんな喜んでいました。




【2013/01/25 13:18】 | 豊齢学級
トラックバック(0) |
鬼首地区公民館車にシールを張りました。
とりあえず後だけです。



これをちょっと大きくすると

24.jpg

こうです。どうですか、かわいくないですか。
モデルは私達、公民館職員で、デザインしてくれたのは
鬼首が誇るデザイナーEさん、原画を描いていただき、
私がPCでちょこちょこと・・
Eさんには私たちの名刺の鬼のイラストも描いていただきました。
ありがとうございます。運転席、助手席のドアにも
名前と絵を入れる予定せすが、
今洗車しても走れば汚れる状態なので、
手をつけてません。ちなみにこの絵とは
違う絵を入れる予定です。



【2013/01/23 14:44】 | その他
トラックバック(0) |
鬼首オニコウベスキー場の山頂小柴山のコース、
フォレストロードより鬼首カルデラを
眺めると、こんな風景が見れます。
手前に見える山々は荒雄岳、奥に白く見えるのが
栗駒山になります。



ちょっと下に見えるのが禿岳、
標高は禿岳のほうが高いですよ。

21.jpg

そして正面に見える山が須金岳、左側の高い山が
禿岳、その麓がすすきの原、右側の麓が鬼首の集落になります。
この風景を見るにはスキーかスノーボードで
リフトに乗らないと見れない、
青空の時の鬼首の雪景色、非常に綺麗ですよ。

22.jpg





【2013/01/22 14:08】 | 自然
トラックバック(0) |
昨日の夜、鬼首では鬼ノ國どんと祭が行われました。
このどんと祭は、鬼首田野地区で結成されたが七和会が
中心になって行われていて、今年で20回目となりました。
会場は田野生活センター、ここは去年の4月、鳴子、鬼首を襲った強風で
建物が壊れ、11月に新しい建物が出来ました。
初めに雪で作った祭壇で、荒雄川神社の神主さんに
ご祈祷していただきました。しかしこの祭壇も雪のランタンも
素晴らしい!



次には神主さんにより火入れです。

IMG_4489.jpg

そして会場では地域の方に御礼も込めて、
豚汁、みそおでん、お酒などが振る舞われる中で餅つきが始まり、
もちろんお餅もご馳走になりました。しかし、豚汁、美味しかった~。
この雪で作ったランタン、これによって会場は幻想的な
雰囲気になり、非常に綺麗でした。これも第1回からやっていて、
実は歴史が古かったりします。
こんなどんと祭、素敵だと思いませんか?

IMG_4477.jpg




【2013/01/17 14:24】 | どんと祭
トラックバック(0) |
今日は鬼首の太鼓団体、「鬼ノ國心鼓会」の紹介です。
結成から27年、初めは鬼首の田野地区の若者がつどい
始まりました。そして時を越え今では鬼首地域の
太鼓の好きな方々が集まって活動しています。年代は孫のいる年代から
20代まで幅広いです。入会条件は聞くところによると、
酒が飲めること、だそうです。
過去には、東北お囃子大会で3位入賞したり、吉川団十郎さんの
北の大地の子守歌というコンサートに参加しています。
この動画は、心鼓会の代表曲「鬼面太鼓」
です。去年の秋、鬼首の秋探訪での演奏です。
ぜひ、見て聞いて下さい。


【2013/01/16 13:49】 | その他
トラックバック(0) |
今回の豊齢学級は、自宅で出来る運動講座で、
講師にセントラルスポーツ㈱の健康運動指導士、井上先生を
招いて行いました。今日の鬼首は見事なまでの雪っぷり、
その中、13名の方に参加していただきました。
これに公民館職員3名も参加して、
まずは座ったままで出来る体操、これが意外と
体が温まり、結構効きました。いかに運動不足なのか
よくわかります。が、普段雪かきで肉体労働はしているのですが、
全部の筋肉を使ってないから効くんでしょうね。
その後、肩甲骨を動かす体操やスクワットなど、
終わるころには体が温まっていました。
普段、少しでもいいですから体を動かす、
これが大事ですね。と、思うのですが家に帰れば
プシュ、心が弱い私でした。



【2013/01/15 15:43】 | 豊齢学級
トラックバック(0) |
今日は鬼首小学校のアルペンスキー教室に、
なんと館長と私、インストラクターとして参加してきました。
館長はインストラクターの経験があるので良いのですが、
私は過去に一度だけ、初めて板をはく高校生に
教えただけ、少々不安はありましたが、なんとかかんとか・・
1年から6年までの児童を、レベルごとに2~5名くらいの人数で班分けを
して、そこにインストラクターをつけての指導でした。
指導するのは、全日本スキー連盟の指導員の方々、父兄の方々、それに
あやしい公民館チーム。初めは私も少々緊張ぎみにスタート、
体ではわかっていても、それを子供達のわかるように
説明する、これが難しいです。でもなんとか無事に終わりました~。
しかしさすが鬼首の子供達、みんなスキーが上手です。
写真は山頂にて、少々吹雪いていて寒かったです。



【2013/01/11 15:29】 | 鬼首小学校
トラックバック(0) |
鬼首を象徴すると言っていいかもしれません、
禿岳(かむろだけ)。東北では珍しいアルプスのような
というか急峻な山です。切り立った感じが
なんともかっこいいじゃないですか、と私は思っています。
特に雪をかぶると、なんともいえない綺麗な山です。鬼首はあまり青空が
になることが少ないのですが、青空の時の雪景色は
綺麗ですよ。
そしてこの禿岳、もちろん登山も人気の山で、
去年私は、鬼首小学校の5,6年生と
一緒に登りました。また、山の上からの鬼首カルデラの風景、
これも絶景だと思います。
ぜひ、四季を通して(冬は登山は出来ません)楽しんで下さい。

11.jpg

【2013/01/07 11:23】 | 自然
トラックバック(0) |
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!
さて、仕事始め、もちろん雪かきからスタート。車体がすっかり
隠れてました~。発掘作業はここまで来ると、
もうプラスチック製のスコップ、
キズをつけないように雪おろし。
ちょっと鬼首は車庫がないと大変かもしれません。除雪車の
邪魔にもなりますし・・



そんなこんなしているうちに、鬼首保育所からヘルプ要請、
公民館スノーバスターズと園長先生5名で作業開始。
建物前にある雪をとにかく校庭へ出す、ひたすら
この作業の繰り返し。

8.jpg

人手ではどうにもならず、助っ人をお願いしました。
電話1本で来てくれるんです、ありがたいですね。人手でだした雪を
あっという間に飛ばしてくれました~。
ほんと助かりました。こんな感じの仕事初めとなりました。

9.jpg





【2013/01/04 14:13】 | その他
トラックバック(0) |

今年もよろしくお願いいたします!
岩出山地区公民館 千葉
明けまして おめでとう ございます。
あわせて、大雪お見舞い申し上げます。。。
大変ですね~!こちらも、雪かきからのスタート
でしたが、量が違います。ここで“大変”なんて言って
られませんね。どうかお身体に気をつけて・・・。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


鬼首地区公民館 髙橋
今年もよろしくお願いしま~す!
もう笑うしかないような雪の量でして、
なんともなりませんなぁ。
集落センターで雪かき、家に帰っても
雪かきです。ぜひ、雪国へ遊びに来て下さい。
雪道を運転する勇気があれば、ですけど。

コメントを閉じる▲