鳴子温泉、鬼首地区より公民館行事や地域情報、また、鬼首の大自然をお届けします!
鬼首地区では一番大きい行事かもしれません、荒雄川神社祭典。
毎年、9月9、10日と日程が決まっています。
初日の昨日、荒雄川神社にて祈願祭から始まります。写真は祈願祭での
奉納神楽。時間は11時30分、このあと15時まで
神楽は続きます。

DSC_3680.jpg

DSC_3695.jpg

DSC_3731.jpg

朝から、写真2枚目のお囃子のトラックと、写真3枚目のステージトラックが
地区内16か所を周り、踊りを披露。これは夕方までかかります。

DSC_3737.jpg

そして夕方、原地区の商店街を神輿を先頭にお囃子トラック、ステージトラック、
その後ろには鬼首小学校の子ども達とお姉さん方が、鬼首甚句を踊りながらの
パレード。
DSC_3734.jpg

DSC_3760.jpg

そして夜は、演芸の夕べと題して、先頭は鬼ノ國心鼓会の太鼓から
スタート。この後、各地区からの出し物が始まります。

DSC_3789.jpg

とにかくみなさん、芸達者。このお祭りのために、早い時期から
各地区で練習をしているのです。大人から、保育園児までですよ。
ご祝儀の袋が飛び交う、飛び交う、凄いです。
という私、実は初めて荒雄川神社祭典を見たのです。なかなか
機会がなくて来れなかったんです。とにかく、鬼首のパワーを感じた
夜でした。今晩も荒雄川神社にて、演芸の夕べが
行われますよ。









【2013/09/10 10:13】 | 荒雄川神社例祭
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック