鳴子温泉、鬼首地区より公民館行事や地域情報、また、鬼首の大自然をお届けします!


ちょっと鬼首の職人をいご紹介します、つる細工職人の
高橋一寛さんです。といっても髙橋さんは本業は別にあって
つる細工は趣味になるのですが、趣味のレベルではありません。
もう立派な作品、販売はまだしていないのですが、
作ると知り合いに持って行かれるそうで・・
材料はあけびのつる、実はこの材料を採るのが大変、つる細工に適した
太さのものを1年間とか乾燥させ、それでやっと
使える状態になるそうです。型枠もご自身で作っていて、
こちらは公開不可ということでした。これも良く考えられていて、
凄いんです。とにかくクオリティの高い作品なので、
今後は販売してほしいものです。

DSC_5504.jpg

そしてもう一つ、これ、虫かごなんです。これも良く考えて
作られていて凄い。こちらは販売もしているそうで、
オニコウベスキー場さんに置いてあるそうです。

つる細工は使えば使うほど、味がでます。私もつる細工職人、小林達廣さんの
ストラップを使ってるんですが、良い色合いになってきました。

【2014/03/07 10:48】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック