鳴子温泉、鬼首地区より公民館行事や地域情報、また、鬼首の大自然をお届けします!


鳴子子ども会育成会で行っているミステリー列車に、
19、20日と2名の職員が行ってきました。参加したのは鳴子、鬼首、川渡小学校の
子どもが全部で31名、そしてスタッフが18名、この中には古川工業高校の
スキー部、5名が含まれています。工業スキー部に、全面協力していただきました。
子ども達はどこに行くかしらないまま、鳴子御殿湯駅から乗車、
乗り換えるたびに写真のように点呼、この確認作業はずっと続きます。

DSC_7852.jpg

そして初めに向かったのが平泉、毛越寺。ここでは班ごとに
自由行動。各班にはトランシーバーを渡して、あとはお好きなように・・
そして本日の宿泊先は、金ヶ崎にある岩手県立南青少年の家へ。こちらでは火おこし体験や
夜にはキャンドルサービスなどなど。

DSC_8052.jpg

二日目のメインは森のキーホルダー作り。森にすんでいる動物を
題材に作りました。中には素晴らしい作品も、子どもの発想は凄いです。
昼食を食べて作文を書いて、そしてまたまた列車で大移動、
鳴子御殿湯駅に到着したのは17:50。スタッフが多いように見えますが、
これぐらいいないと大変なんです。2名は鳴子と鬼首の公民館車で、
荷物運び。二日目の朝、熱を出した子がいて、そのまま鳴子へ
連れてきたりと、なにかかにかは起こるんです。
かなり疲れましたけど、楽しかったです。しかし子ども達、みんなめんこい!


【2014/07/22 11:08】 | ミステリー列車
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック